プロフィール


◆プロフィール

上田 真司(うえだ しんじ)

・ワールド・ベスト・アーカイブ 代表
・短眠法、速読術、記憶術を教える 能力開発コンサルタント
・理数系、英語などを教える 塾の講師も行っている

1981年生。石川県出身・石川県小松市在住。

平成18年に独立起業。現在までに至りますが、
それまでの私は、5年間。うつ病でニート生活を送っていました。

そう。平成13年 大学2年次、人間関係のトラブルから うつ病になり、
大学を中退。無職のニート生活を余儀なくされました。

大学中退後は、家に引きこもり、テレビ、インターネットを徘徊する
ばかりの毎日を送り、何をするにも億劫。何日も お風呂に入らない、
髭(ひげ)も伸び放題で、部屋中 ゴミが散乱している状態。

うつ病でニート時代の写真

(↑まだ、症状が軽い時の写真です。)

惰性な日々から抜け出せない生活に、将来を考えてもお先真っ暗。
絶望しかなく、何度も自殺を考えたりもしましたが、「考える」
だけで 踏みとどまりました。

そんな どん底の人生に、転機がおとずれます…

そう。ある「ビジネス書」との出会いです。

 

あれは、うつ病の症状が 軽くなりはじめた 平成15年の時。
気まぐれで買った ビジネス書 が 意外とおもしろく、

「 うつ病でニートの自分でも、スキルを磨けば成功して
理想の毎日を送れるかもしれない!! 」

と 希望を持ちはじめることが出来たのです。

それ以来、テレビや インターネット漬けの毎日の生活の中に、
「ビジネス書を読む」という、新しい時間を見い出しました。

その情熱・希望は、私を 5年間で1000冊以上もの成功本、
啓発本を読み漁るまでに 駆り立てるほどでした。

それだけ、「 ビジネス書を読む 」ということに対して、私は、
“希望”を見出していたんだと思います。

 

しかし、その希望・情熱も、スグに消え失せることになります。

このまま本を読んで 頑張っていれば、「 いつか成功できる! 」
と 希望を持ち、5年間、あらゆる成功本や 有名な教材を買い漁り、
目が飛び出るホドの 高額のセミナーに参加するものの…

本や教材を読んだり、聞いた時、セミナーに参加した時は、
一時的に やる気が湧き起こっても、その やる気が続かない…。

しかも、その 学んだ知識と経験を生かし、平成16年頃から、
家庭教師や 塾講師、日雇いのバイトなどをしながら 生活費を
稼ぎだすものの、生活費の大半は、親に頼らなければならない…

という、情けない生活は 一向に変わらないまま。

 

「 現状が一向に変わらない…、いや、変わる気配すらない… 」
「 一時的に やる気が起きても、その やる気が続かない… 」

ということを、何度も、何度も、繰り返していく内に、以下のような
疑問を持ち始めたのです。

「 結局、やる気が上がったといっても、一時的にあがっては、
すぐにやる気がなくなってしまうし、いろいろな 成功哲学を
学んでみたけど、どこでも同じようなことが 言われている。

成功哲学の方法は、ほとんど学び尽くした思うけど、
紙に書いた夢や 目標は叶っておらず、結局、自分の収入や
人間関係、自分を取り巻く環境は、何ら変わっていない。

このまま セミナーに参加したり、本や教材を学び続けていても、
本当に 変われるのだろうか… 」 と。

 

また、一度、希望を感じてからの絶望は、辛いものがありました。

「 やっぱり成功なんて、ダメ人間の自分には 無理なんだ…」

「 誰でも成功できるって 本に書いてあるけど、結局、
成功できた人は特別なんだ。 自分にはとても無理だ…」

と、今度こそ 人生終わった…と思うほど絶望しかけました。

 

ところが その時、友人からの紹介で、
「7つの習慣」や「フランクリンプランナー」の“ルーツ”でもある、
“ベンジャミン・フランクリン”の教えに出逢ったのです。

うつ病でニート時代の写真

それからというもの、私は毎晩、むさぼる様に その本を読んで
いました。布団の中で、眠気に襲われ 意識を失うまで…。

朝 目覚めても、開かれたままのページに舞い戻っていたほど。

それだけ、フランクリンの本に没頭したのは、当然でした。

 

というのも、飛び込んでくる言葉は、1語1語が、
「自分のような ダメ人間には 生きる希望さえない!」と絶望しか
なかった私に、“生きる力”と“希望”を与えてくれたからです。

うつ病で 何をやっても続かず、絶望を感じていた私にとっては、
まさに、“最後の希望の光”と言えるような本だったのです。

「人生は変えられる」なんてことは、特別な力のある人だけで
自分なんて、とても無理だ…と 100% 思っていた。

しかし、読めば 読むほど、私の期待は 日を追うごとに高まり、
一度は 消えていた“希望・情熱”という炎に、ふたたび火を灯し、
そして、衝動を抑えることができずに、

私でも出来るほど 簡単な、

「モチベーションアップ法」「夢を叶える方法」の実践を開始。

 

結果、3ヶ月程度で うつ状態から脱出。
家庭教師や 塾講師をしていた経験を生かして、平成18年に独立。

能力開発コンサルタントとして、短時間睡眠法、速読術、記憶術を
学生はもちろん、医師や弁護士の方など、様々な職業の方たち
延べ2000人の方に(*2011年 現在 )教えるまでになったのです。

それまでの5年間。うつ病で 無気力、ニート生活だった私の人生を、
人並み程度にまで、人生を変えることが出来たのです。

 

さらに その後、偶然に偶然が重なり、数々の億万長者を生みだし、
カウンセラーをカウンセリングする、偉大な人物と出会い、

これまで 大金を投じて学んできた成功法則や、高額のセミナーでは
到底 学べなかった、物事の真実を知ることができ、人生が一変。

そう。20歳の時、人間関係のトラブルから うつ病になって以降、

「集団の中で働く」ということに 恐怖を感じ、その恐怖・不安から、
10年間も 避け続けてきた、私にとって 最大の困難にも挑戦。

そんな“人生の試練”に 日々挑戦することができ、その中で、
今までの自分の中に、根深く 巣食ってきた“ 悪い思考・癖 ”を、
少しずつ、少しずつ、改善することが出来ていると同時に…

より一層、日々の生活の中で、充実感、達成感を感じることが
出来るようになりました。

 

“ベンジャミン・フランクリン”の 貴重な教えによって、

うつ病でニートだった私でも、「 0→1に変える 」基礎力を
身につけることができ、人生が変わる。さらには、

“人生の師匠”と呼べる、偉大な人物と出会い、

今まで逃げ続けてきた“最大の試練”に日々挑戦することができ、
“悪い思考・癖”を 少しずつ改善し、さらに 人生が一変する。

 

とはいえ、まだまだ油断すると、自分の悪い癖や思考に負ける
こともある 未熟者の私ですが、

それでも、成功哲学のルーツと呼ばれ、現代の成功者たちに
多大な影響を与えている 貴重な教えを学び、日々実践することで、
1歩 1歩、着実に、自分が変わっていることを実感しています。

現在は、様々な成功哲学を学んでも 夢を叶えることができなかった、
そんな自分と 同じ悩みを持った方が、悩みを解決できる
“本物の教え”を 広める日々に、使命感・生きがいを感じています。

2012/09/18

このページの先頭へ