リーダーになる為に必要不可欠な要素


■アンドリューカーネギーから学ぶ、リーダーになる条件

こんにちは。上田真司です。
本日もサイトにご訪問下さり、ありがとうございます。

鉄鋼王として現代に名を残しているアンドリューカーネギーが、
リーダーとしてはじめて、多くの人の指揮をした経験を語った言葉を
ご紹介します。

リーダーになる条件を知り、自分を高めていきたい人には、
とても役立つ内容だと思います。

私の、リーダーとしての最初の試みは、
雇い主として一時、友達の労働力を確保したことであった。

子ウサギの世話の報酬として、子ウサギが生まれたとき、
友達の名前をつけるのを約束したのである。

土曜日は学校が休みであったから、私の友達は、だいたい一日中、
ウサギのえさを集めていた。

 

振り返ってみて、今日、私は ひどく、良心にとがめられるのであるが…。

若い遊び仲間を動員して、ひどく 相手に不利な取引を結んだ
のであるが、友人は ほとんどみな夏の間、一生懸命になって、
タンポポや クローバーを集めてくれた。

報酬ときたら、また珍妙なもので、労働にたいしてこんな
ヒドイ報酬は、いまだかつてなかっただろう。

悲しいことに、私は、他に何も  みんなにあげるモノが
無かったのである。一銭の金もなかった。

 

この計画の思い出は、私のリーダーになる素質の
最初のあらわれで、これを発展させていったのが後年、私の仕事での
成功の要因になった為、私は、この思い出を大切にしている。

仕事の成功は、私が物事を良く知っていたとか、私自身で何かやった
ものでなく、むしろ、私よりも、物事をよく知っている相手をみつけ、
そのような人達を選ぶ才能に、成功の原因をみつけるべきだ。

これは、誰もが持ってほしい、貴重な知識である。

私は、蒸気機関※ について、なんの知識ももっていなかった。
しかし、私はそれよりも、もっと複雑な機械、人間を知るように
努めたのである。

※蒸気機関:
アンドリューカーネギーが成功した分野の機械的知識

リーダーになる必要不可欠な要素としても、
とても興味深くよめますが、カーネギーの名言に触れて、

「人の心を知ること」

が特に様々な事務作業・単純作業がパソコンや労働賃金が
低い国に仕事として取られている現在に、一番大切な
ことなのではないかと思いました。

私は、まだまだまだまだ、人の心をわかっていませんので、
色々なことを経験して、もっともっと人の心を知っていきたいです。

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

上田真司

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

以下の記事も読むと、さらに成功習慣が身に付きます

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ