斎藤一人さんに学ぶ、完璧主義を治す方法


■ 斎藤一人さんに学ぶ、完璧主義を治す方法

こんにちは!上田真司です。
今日もブログに訪問して下さり、本当にありがとうございます!

今日は、斉藤一人さんの名言を、
『幸せセラピー』という本から、3つ紹介します。

一つ一つの言葉が本当に素晴らしいのですが、3つを通して読むと、
心がスッと軽くなって、楽しみながら毎日を過ごすことができる
と思います。

2、3分で読めますので、リラックスして読んでみてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■私は「不完璧主義者」です。自分自身が不完璧な人間だから

なぜ、私は不完璧主義者かというと、自分自身が不完璧な人間だから。

完璧主義者というのは、完璧にできなかったことを
ずっと悔やんで自分を責めるか、他人を責めるか。

いずれにしろ、人間を責める人のことです。

そうなると、自分で自分のことをきらいになるか、
責めた人からきらわれるかのいずれかになってしまう。

私は、どっちもイヤだから、不完璧主義者なんです。

どちらが良くて、どちらが悪いといっているのではありません。
私の個人的趣味で、不完璧主義者がいいといっているだけなの。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■78%で人間は最高。人間に完璧はないんです。

「78対22の法則」、別名「ユダヤの法則」というものがあるんです。
それによると、人間がやることは、最高で78%なのだそうです。

人は誰でも、何かをしようとするときは完璧を期します。
ところがやってみると100%完璧にはいかない。

78%で人間は最高。

たとえ完璧主義者であっても、100%はできません。
人間に完璧はないんです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■できなかった22%をチェックして、次回に改良する。
  これをくり返していけば人はよくなるんです

不完璧主義者だからといって、いい加減にやるのではありません。
やるからにはやはり、100%を目指す。

でも、人間がやることは最高で78%だから、
結果については、「よかったね」という。

それで、できなかった22%をチェックしておいて、
次回はこれを改良する。これをくり返していけば人はよくなるんです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なにかに失敗したり、できなかったことで苦しんでいる時、
気づかない内に【完璧主義者】になって自分を責めている時があります。

100%を目指すと一日を振り返る時に、

 『あれもできなかった』
 『これもできなかった』

と苦しくなるんですね。そして、ほぼ例外なく、
「自分は、なんてダメな奴なんだー」と自己嫌悪に陥ってしまいます。

なぜなら、100%完璧にできる人間はどこにもいないからです。

でも、78%が最高なんだと思うと、

『今日は40%しかできなかったけど、
 最高に結構近づいた、よくがんばったな』

と、いい気分で一日を振り返ることができます。

いい気分で一日を振り返ることができるようになると、
自然と成長が早くなります。

毎日も楽しくなって、成長も早くなる、そして、自分のことも
だんだんと好きになっていく、不完璧主義は一石三鳥の方法
なので、
ぜひ試してみてください。

とはいっても・・・

わかっていても、ついつい完璧主義に陥って、
後悔してしまう人も多いと思います。

完璧主義になると、自分にも他人にも責める心ばかりが膨れて、
愛がなくなってしまいます。

一人さんの言われる通り、完璧主義を治すには不完璧主義になり、
一度、不完璧主義の良さを体験してみることがいい方法ではないかな、
と私は思います。

フランクリンのブログなのに、連続で、
斎藤一人さんの名言を紹介してしまいましたが(笑)

斎藤一人さんは、人に愛情のある素晴らしい方だと思います。

私も一人さんのお店のサプリメントを愛用していますので、
ぜひ、本を読まれたり、名言が気に入った方は、本を読まれたり、
サプリメントを試して見て下さい。

本当に、素晴らしい人だと思います。

今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

上田真司

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

以下の記事も読むと、さらに成功習慣が身に付きます

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ