幸せになるための目標との付き合い方


●幸せになるための目標設定術
 
こんにちは。上田真司です。
今日は前回の記事に引き続き、フランクリンの名言

「そこに進歩と成長がなければ、
 環境の改善、目標の達成、成功には意味がない」

“Without continual growth and progress,
 such words as improvement, achievement,
 and success have no meaning.”

を紹介します。
 
(前回の記事は、↓からお読み下さい。
>>「日々進化する事」が、大金を得るよりも大きな幸せを生む

 
目標を達成するだけで成長がなければ意味がなく、
目標をキッカケとして、成長することに意味がある…

フランクリンの教えを学んでいますと、
得られるものに応じた実力や器が伴なっていないと、
結局、不幸になってしまうことを教えて下さっているように感じます。
 
たとえば、前回の記事の例では、
大金と得ること、と、ヒゲ剃りを覚えること、
の二つの例を対比して教えられていましたが、

前者はお金を無駄遣いして後悔が残り、
後者は、新たなスキルを覚えることで、
毎日喜びを感じることができました。
 
これはお金に限らず、名声、友人、恋人など、
多くのことに当てはまるように感じます。

 
たとえば、>>この記事で紹介していますが、
キーマーはフランクリンを雇っていた印刷屋の社長キーマーは、
まさにそうだと思います。
 
フランクリンのような優秀な従業員がいれば、商売繁盛して、
大成功できそうなものですが…

キーマーの器が小さくて、フランクリンの上に立てる
レベルじゃなかったため、キーマーは自ら破滅の道を
歩んでしまったんですね(汗)
 

これは、だれしも陥る可能性のある失敗談だと思います。

私も、キーマーの例を反面教師にして、
よくよく注意したいと思いました。
 
実際に、成功したあと、大きな名声やお金に翻弄されて、
人生を失敗する人は、本当に多いように感じますが、

それは、失敗する人がマヌケというよりも、
それほど乗り越えるのが難しい壁だからだと思います。
 
大きな目標を達成したときも、その時に得たものを活かして、
より進化して、多くの人に貢献できるように、毎日、成長していきたいですね!
 
今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。
 
上田真司

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

以下の記事も読むと、さらに成功習慣が身に付きます

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ