習慣化によって得られる“真の自由”


■習慣化によって得られる“真の自由”
 
こんにちは。

冬の寒さが厳しくなってきて、
コタツで丸まっていたい気分の上田真司です。

本日もメルマガをお読み下さり、ありがとうございます。

 今回の内容は、2014年12月6日に発行したメルマガを、
 一部内容を削ってお届けしております。

 月に2~4回発行しているメルマガを、
 ブログにも載せることがありますが、

 メルマガは、>>無料プレゼントのページから、
 フランクリンの音声セミナーを受け取った方のみに送信しております。

筋トレを習慣化した結果、体重も10キロ以上増え、
以前よりは寒さに強くなったはず(?)なのですが…

その儚い自信は、今年の厳しい寒さによって、
見事に打ち砕かれました(涙)

急に寒くなったせいか、最近、周りでも
風邪がはやっておりますので、皆様も
風邪には十分お気を付け下さい。

 
私は、この寒さも自分との戦いだと言い聞かせて、
コタツでヌクヌクしたい誘惑を振り切り、今日も
パソコンに向かっております。
 

さて、今日のテーマは『自由』についてです。

以前の私は、自由といえば、
経済と時間が自由であること
、と思っていました。
 

ですので、恥ずかしながら、夢や目標といっても、

『 おいしいもの食べて、気のおもむくままに仕事し、

  好きな時に好きなだけ遊ぶ、
  そして、欲しいものは何でも手に入る・・・ 』

こんな未来を妄想して、ムフフとなっておりました(汗)
 

ところが、フランクリンの言葉を知り、
私が想像していた自由とは、ある意味、奴隷に近い
“ウソの自由”である
事に気付きました。

 
また、そのような“ウソの自由”に焦点を当てた
夢や目標だったからこそ、心からの情熱が持てず、

自己啓発教材で、効果的に、目標を決め、計画を立てても、
モチベーションが継続できなかったのだと思います。

しかし、“真の自由”に心の焦点を当てた時、
モチベーションアップ法、目標設定法、全てが上手く機能し、
情熱を持って仕事にも取り組めるようになってきました。

 
そして、フランクリンが晩年に、

“ もう一度、同じ人生を生きたい!! ”

と大満足していたのも、価値ある行動を習慣化して、
“真の自由”を得ること集中していたから
だと私は強く思います。

今日は、人生の幸福感やモチベーションの継続にも深く関わっている
“真の自由”について、フランクリンの名言を紹介します。
 

フランクリンが語る真の自由

 【 真の自由、フランクリンの名言 】

 自由とは、諸徳をつねに実行して、これを習慣とし、
 悪癖の支配を免れることである

フランクリンは、たしかに世界各地で称賛され、
一生自由になるお金も手に入れ、様々な歴史上の偉業を成し遂げました。

しかし、それは、彼が“自分の理想像”を決めて、常に自分を鍛え、
一つ一つの行動を習慣化して、なりたい自分に近付いた
努力についてきたものです。

 
その大好きな自分になれた深い満足があるからこそ、
フランクリンは、今に心から感謝できたのだと思います。

この自分に勝って得られる深い心の満足感をフランクリンは、
“自由”と言われているのだと思います。
 

これは世界最高峰の人間学者であるZ氏が
シークレットセミナーの中で、

私は 日々、“前進・進化”を合言葉に生きています。皆さんは、
 そのような 自身の“人生のテーマ”というのは、お持ちでしょうか?

 私は、常に“もう一歩前進!
 あともう一歩前進!”と、ジリジリ歩み寄ります。

と言われた内容にも通じますね。

◆ そもそも“Z氏”って誰なの??◆

“初めてZ氏のことを知ったという方”は
シークレットセミナーでの出来事をご覧下さい。

シークレットセミナーでは、私(上田)は緊張して失敗ばかりでしたが…

上記のサイトで、人間の心理を知り尽くしたZ氏との出会い、
そして、紆余曲折を経て対談が実現するまでの経緯を公開しております。

私も、
「今日も自分に挑戦するぞ!」
とコタツの誘惑に勝って、パソコンに向かっている今、

『よし!勝ったぞ!ふっふっふ』
と、ひそかに満足しております。

これぞ自由を得た喜びですね!!
 

…うーん、フランクリン、Z氏ときて、私の例は
比べるのが失礼なくらい、非常にレベルが低いですが…
 

フランクリンに学ぶ、ウソの自由の末路

 
さて話を戻します。

このように、“真の自由”を手に入れない限り、
一生、自分で困った状況をつくり、その解決に追われたり、
責任を放棄して現実逃避する あわれな人生
になるに違いありません。
 

フランクリンもこう言っています。

【 自分で作っている税金、フランクリンの名言 】

 人によっては、政府の税金よりも、はるかに重い税金を
 支払わなければいけません。

 それは、

  「怠け」によって二倍の税金
  「見栄」によって三倍の税金
  「愚か」であるために四倍の税金

 ということです。これらの税金は、他人によって、
 減税されることがありません。

私も含めて、多くの人は、
“怠け”“見栄”“愚か”などの悪い癖によって、

 ・払わなくてもいいお金を払って、時には借金してしまう
 ・時間を無駄に使い、いつのまにか時間がなくなっている
 ・怠け心に騙されて自分に負けて、後で、もっと辛い目にあう

という状況に陥りがちです。
 

ところが、これらの悪い癖は、わかりやすい快楽を与えてくれます。

それは一瞬だけ打ち上げ花火のように、儚いものです…、

その快楽を得るために自分にウソをついて、自分を騙し、
自分で自分に“税金”をかけてしまいがち
です。

 
たとえば、怠惰ならわかりやすいですね。

自分の夢や目標にむかって、資格の勉強や、仕事をしたい、
と思っても、

 
“これ以上やると体調によくない”
“こんなにやりすぎると、精神衛生上よくないな”

と納得して休みを取ります。

ところが、心の中にはなんとなく満足できない
モヤモヤした感情が残ります。

 
そのモヤモヤは、いつまでも、今の遅いペースでは、
夢がかなわないことを、心の奥で直感している事や、

『 自分は、こんな程度じゃない、本当はもっともっとできるんだ! 』

という自分の能力を最大限に生かせていない不満や焦燥感から
きているように感じます。

そして、自分に負け続け、現実をごまかしているうちに、
とんでもない額の“借金”ができて、取り返しがつかない
状況に追い込まれる事も多いです。
 

もっともっと眠っている力を発揮しよう

 
人が遊びに使える体力を考えると、本来、もっともっと早く
大きな夢や目標を達成する能力を持っている人が多いです。

ただ、FRM基本編を聞かれた方はご存じの通り、人間は
“リーズンメーカー(やりたい事に都合のい理由を作る動物)”なので、
休む理由をつくって、本来の能力を発揮できていないんですね。
 

ですので、“休む理由をつくる”のではなく
“仕事をする理由を作る”自分になる事で、
行動量は劇的に変わります。

 
最近、頂いたご報告でも、FRM購入後、スカイプでお話し、
その内容を実践して頂き、一カ月後に届いたメールで、

 ●仕事量が倍増し、これまで、憂鬱だった仕事が楽しくなった!!

 ●自分のワクワクが仕事仲間の人にも伝わり、
  どんどん仕事を助けてもらえるようになった

 ●仕事ができて尊敬できる人とのプライベートでの出会いもあり、
  人生が劇的に変わり始めている!!

と嬉しいご報告を頂けました。
 

私は、教わった事を素直に実践できない人間ですので、
すぐに実践されて、結果を手にされた人を、心から尊敬致します。
(その実践内容も師匠から教わった内容を伝えただけで、
 あれ?私の存在意義は?という感じですが…汗)

 
このように、自分の内面を磨きあげることで、
結果も後から付いてきて、心からその結果にも満足できます。
 

フランクリンが、

継続的な成長と進歩がなければ、
  達成、成功といった言葉に意味はない

と仰っているのも、お金や名誉・権力があっても、
“怠惰”“傲慢”などの悪癖から解放された本当の自由を
手にしなければ、真の満足も、幸せも手に入らないからだと思います。

FRM実践篇でも、金持ちになって不幸になった例を紹介していますが、
豊富な人生経験と鋭い洞察力のフランクリンならではの名言ですね。
 

薄々気づいている人が多い?

 
“夢や目標はあるけど、なかなか、モチベーションが続かない”
とお悩みの方の中には、おそらく、人生に対する深い洞察から

『 ウソの自由では本当の満足は得られない 』
と心の奥で直感している人も多いのではないか、と感じます。

だからこそ、“真の自由”を得るためのフランクリンの教えに共鳴し、
本物だと気づく人が多くいらっしゃるのだと思います。

 
実際に、本当に幸せになれる事でなければ、燃えるような情熱も、
達成した後の充実感も湧きません。なにを隠そう私がそうでした。

自分を幸せにする行動を習慣化せずに、お金や自由な時間を得ても、
むなしいだけです。遅かれ早かれ、その現実に直面します。

 
今回のメルマガが、自分の本当の夢や目標に向かって進むキッカケ
なれば、嬉しく思います。

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 
上田真司

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

以下の記事も読むと、さらに成功習慣が身に付きます

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ