意志力を強くする方法


■意志力を強くする方法
 
こんにちは。上田真司です。
本日もメルマガをお読み下さり、ありがとうございます。

今回は
「意志力を強くする方法」
というテーマでフランクリン名言を紹介致します。

 今回の内容は、2014年11月16日に発行したメルマガを、
 一部内容を削ってお届けしております。

 メルマガは、>>無料プレゼントのページから、
 フランクリンの音声セミナーを受け取った方のみに送信しております。

フランクリンに出会う前の私は、
高額の教材やセミナーに出ても、やる気が続かず、
なかなか自分でたてた目標の計画が 進みませんでした。

年末も近くなり、一年を振り返っても、

 ・うーん、これもあれもやろうと思って出来なかったな…
 ・結局、やる気が続かず、目標の計画も上手く進まなかった…

とよく悩んでいました。
 

そんな時に、「 まあ、自分で自分を許せばいいか」と思っても、

「 自分で“やりたい!”と思って立てた目標なのに、
  なんでやる気が続かないんだろう… 」

と、どこか釈然としない気持ちがありました。

 
これは、フランクリンが

あなた自身ほど、
 しばしばあなたを裏切ってきた人はいるでしょうか?

と言われている通りですね。

 
フランクリンは、「もう一回 同じ人生を生きたい!」
と晩年に自分の人生を“最高の人生だった”と振り返っています。

自分を裏切って納得できない生活を送っていると、
フランクリンのような 心から満たされた満足感は得られません。

では、この“自分自身を裏切る”症状を改善し、
幸福な人生を生きるには、どうしたら良いでしょうか?
 

“自分自身を裏切るクセ”を改善するフランクリンの処方箋

 
多く場合、陥りがちなのが、

 ・自分を変えるためのシッカリした計画がないこと
 ・計画を実行できる環境が整っていないこと

が原因で実践できない事が多いです。

こうなると、「自分で自分を裏切っている状態」です。

 
これに対して、フランクリンが勧めているのは守れる所から、
キチンと決めたルールを守り、自分の習慣が変えていく事
です。

 
たとえば、フランクリンは、最初に身につけるべき習慣を

1.節制 飽くほど食うなかれ。酔うまで飲むなかれ。

と教えています。

 
現代は、フランクリンの時代と違い、
野菜の栄養価が少なかったり、化学物質や環境汚染もあり。
スマホやパソコンの使用で睡眠リズムが崩れやすかったり
昔と、健康を害する要因が違います。

フランクリン自身は、健康を保ち勉強や仕事の集中力を上げる
目的で節制を実践されていますので、現代の私たちは食生活に
限らず、睡眠などの生活習慣全般を整える事に意味を拡大して
もいいと思います。

 
たとえば、腸内環境を整えて、毒素を体外に排出したり、
睡眠リズムを整えるルールを守り、朝起きられるように
なる、などですね。
 

こうして、生活習慣を整えると、集中力も注意力も増し、
仕事でのミスが減ります。それどこから、アイディアも
湧くようになり、

「今度、仕事であれを試してみよう★」
「今度はこれだ!」

と色々と試したくなってきます。
 

こうして、仕事を続けているうちに、成果が出たら、
しめたものです。仕事が面白くてたまらなくなり、
もっともっと仕事がしたくなります。

それに伴い成果も上がります。
 

フランクリンが人間のことを
リーズンメーカー(都合のいい理由を作り出す動物)
と言っている通りで、やりたいことになら、人間は、
集中力を発揮して、眠っていた能力をフル活動させます。
 

このように、階段を上がるように、
自分を高めていくと、自分の力もわかり、
なにができて、なにができないかもわかります。

すると、自分自身を裏切ることが減っていきます。
 

自分の事が好きになる

 
こうなると、自分が嫌いだった人でも、自分の現状に
納得できるようになります。そして、自分が好きになり、
心から自信が湧き、言動には余裕が出てきます。

今まで満たされなかった心が、
内側から満たされていく感覚です。

 
そうなると、お金を節約できるようになってきたり、
掃除ができるようになったり、目標への計画を立てて、
それをシッカリ実行できるようになったり…

様々な変化が起きます。

だんだんと変わっていくので気づかないのですが、
毎日、自分に勝って、決めたルールを守っていく事で、
いつの間にか前の自分とは別人のように変わっていくのです。

このように、まず、一つ、自分自身のツボとなるような習慣に
集中して身に着けることで生活が大きく変わります。

私自身、自分の体験からもハッキリと断言できます。
 

なぜ、別人のように変わってしまうのか?

 
では、なぜ、自分に勝って、自分にとってツボとなる習慣を
一つ徹底的に変えることで、大きく自分が変わるのでしょうか?

これは、私が歴史上の人物も含め最も尊敬しております
Z氏の言葉が、その秘密を探る糸口になります。
 

Z氏と個人的にお話した時に、Z氏はこう言われていました。

「全てはつながっている」─ と。

◆ そもそも“Z氏”って誰なの??◆

“初めてZ氏のことを知ったという方”は
シークレットセミナーでの出来事をご覧下さい。

シークレットセミナーでは、私(上田)は緊張して失敗ばかりでしたが…

上記のサイトで、人間の心理を知り尽くしたZ氏との出会い、
そして、紆余曲折を経て対談が実現するまでの経緯を公開しております。

1つひとつのことは、独立しているのではなく、
全てつながっている。

だから、一つのことを改善すると、別のつながっている部分も
改善していく、ということではないかと思います。

 
今回の私の例でいいますと、
「 健康法など、明確なメリットがある事すら実践できない 」
という 自分を裏切る癖が、以前の私にはありました。
 

それが、

決めたことを実践できない
計画を実行できない

など、いろいろな場面で、出ていたのだと思います。

 
そこで、自分との約束を守って、毎日、決めた事を
実践するようにします。特に虚弱体質だった私には、
“健康になる”ことで様々な恩恵が得られ、

『もっと、色々なことを実践して成長したい』
と思えました。そして、一つ一つ自分にプラスになる
習慣を身に着けていきます。
 

こうして、自分を裏切る思考と別の行動を取る事で、
同じ悪い癖から出ている行動が改善し、

 ・目標達成の計画を進めていける
 ・やる気をコントロールして、集中して物事に取り組む
 
という 成功者・成幸者 といわれる人達と同じ行動が、
だんだんと出来るようになってくるのだと体験から思います。
 

フランクリンが13の徳目を

「 一つ実践すると、別の部分が実践しやすくなるように工夫した 」

と言われているのも、今回紹介したZ氏の“全てつながっている”
という言葉から見ると、より深く理解できるように思います。
 

満足いく一年を送るために

 
フランクリンは言います。

79歳の今日まで、私が絶えず幸せに生きてこられたのは、
 神の恵みのほかに、

 この“ささやかな工夫(13徳)”を実践した為である。

この 言葉の通り、自分にとって、必要な習慣を決めて、
それを身に着け、継続する事で、生涯にわたって大きな恩恵が得られます。
 

ですので、このメルマガを機会に、有料の教材を持っている方は教材を、
持っていない方はFRM基本編を、もう一度、聞いてみて下さい。
(Z氏関連の教材をお持ちの方は、私の教材よりも、
 そちらの音声を聞くことをお勧めします。)

 
1つひとつの実践の積み重ねが、自分のコントロール能力上げて、

“1年を振り返った時に、自信を持って満足し 振り返ることができる”

そんな自分に進化していけると思います。

私もまだまだなのですが…汗

読者の皆様と共に、真の成功者の方々から学び、自分に挑戦して、
「もう一度生きたい!」と満足できる人生に転換していけたら、
私にとってこれ以上嬉しいことはございません。

本日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。
 

上田真司

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

以下の記事も読むと、さらに成功習慣が身に付きます

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ