根本から浪費癖を直す最もシンプルな方法


【其の92】根本から浪費癖を直す方法

暮らし向きが楽になって、時間にも ゆとりが出来たら着手する
つもりで、私は頭の中で この案を練り、心に浮かんだ考えを
忘れないよう、機会があるたびに 紙に書き留めておいた。

その 書きしるした多くの資料は 無くしてしまったが、
ただ1つ、自分が考えていた、信仰箇条の要点を整理しておいた
資料が出てきた。

それは、私の考えでは、あらゆる 既成 宗教哲学の本質的な
部分を含み、しかも、どんな宗派の信者からも 嫌われるような
点は1つもなく、次のような言葉で 言い表してある。

万物を創造し給うた、唯一の神がある。

神は摂理に従って、世界を治め給う。

神は、おそれ尊ぶことと 感謝とをもって崇めるべきである。

しかしながら、神のもっとも嘉し給う奉仕は、人に善をなす
ことである。

霊魂は不滅である。

神は、現世、あるいは 来世において、かならず 良い徳には
報いを与え。悪い行いには 罰を与え給う。

当時の私の 宗教哲学に対する考えは、前述のようであった。

この宗派は、最初は 独身の青年の間から始め、その間に広め
なければならない。

入会を許された者は、この宗派の教えに同意を示すだけでなく、
前に述べた例にならって、13週間にわたって徳の検査と実行を
しなければならない。

また、相応しくない、入会して欲しくない人間が、入会を希望
することがないよう、カナリ大きくなるまで、この会の存在は
秘密にして おかねければ ならない。

ただし、会員は 各々、その知人の中に 正直で、性格の良い
青年を探し出し、慎重に注意を払って、徐々に この計画を
伝えるようにする。

会員は、他の会員の利益・事業・出世、高い地位、身分を得る
ことを促進するため、互いに 忠告・援助・支持を与えることを
誓わなければならない。

 

他の区別をするため、会員は「 完全なる自由人の協会 」とする。

「 自由 」とした理由は、13徳目をつねに実行し、それらの
成功習慣を身につけ、悪い習慣やクセを 克服できるから。

さらには、勤勉と 節約の徳目の実行によって、浪費癖を直す
ことができ、結果、借金から逃れることが出来るからである。

そう。悪い習慣やクセ、浪費癖を直すことによって、本当の意味
での 自由を得ることが出来るからだ。

借金というものは、人を束縛して 債権者に対して一種の奴隷に
してしまうものである。

だからこそ、浪費癖を直すことは、自由を得る意味でも重要なのだ。

フランクリンの言う 浪費癖を直す方法は、以下の茶色いバナー
 クリックすると表示される、サイトの中で公開しています。

<人生成功への道しるべ / 貧しいリチャードの暦を発行>

by 上田真司

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

以下の記事も読むと、さらに成功習慣が身に付きます

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ