出世する人の特徴:出世に求められる2つの能力


【其の86】出世する人の特徴:出世に求められる2つの能力

私ははじめ 「 徳に至る道 」 の本を書こうと思っていた時、
「 飽くことを得よ、温かなかれ 」 と ヤコブ書に出てくる言葉を
注釈※ を書いて、本を出版しようと考えていた。

しかし、結局 「 徳に至る道 」 は企画だけで終わってしまった為、
実現することはなかった。

もっとも、初めから 「 徳に至る道 」 の中で引用するつもりで、
感想や推論などの短い心覚えを、時おり書きとめておいたのだが、
今でも、その一部分だけが手元に残っている。

だが、若い時には 自分の仕事に、後には、公の仕事に注意を集中
しなければならなかったので、この計画は 何度も先に延ばされる
こととなった。

 

私はこの仕事を 「ある大規模な計画」 の一部にするつもりでいた。

しかし、この計画を達成させるには、私の残された人生の時間を
フルに使わなければならない。

だが、計画を進めている途中に、思いがけない仕事が次々舞いこみ、
とうとう、この自伝を書いている79歳まで、そのままになって
なってしまっている。

 

この ページ数の少ない書物の中で、私が最も伝えたかったこと
それは…

人間の本性だけを考えてみても、

「 数ある悪い行いは、禁じられているから有害 なのではなく、
  有害だから禁じられている 」ということ。

したがって、来世の幸福を望む者はもちろんのこと、現世の幸福を
望む者にとっても、徳を積むことは 非常に有益なことなのだ。

ということである。

 

また私は、以下のような事情から、いつの時代にも、仕事を正直に
行ってくれるような人を求めている 裕福な商人や貴族、国家、
あるいは、大名などが いつもいる。

しかし、そんな 仕事を正直に行ってくれる人間は、滅多にいない。
そのような事情から、出世する人の特徴とも言えるのだが、

【 正直 】 と 【 誠実 】 とは、貧しい者が立身出世するのに、
もっとも 役立つ徳である。

ということを、若い人々に伝えたかったし、分かって貰いたかった
のである。

たとえ、貧しい環境で育ったとしても、他人よりも学歴が低い、
能力が低い、コミュニケーション能力が低い、など不利な状況でも、

その状況を打開し、成功を収めている人、出世する人の特徴は、
【 正直・誠実 】 である。

これこそ、出世に求められる2つの能力と言えるであろう。

<真の人生を変える方法 / 話し方で性格が分かる本当の理由>

by 上田真司

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

以下の記事も読むと、さらに成功習慣が身に付きます

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ