運命は決まっている…は、100%間違い。


【其の59】運命は決まっている…?

フランクリンの家系は、社会的地位や 身分がとても低く、極度に
貧しい生活を送っており、フランクリン自身、品位に欠けた行動を
度々 取ることもあった。

そのような状況からでも、日々 小さな習慣 (13徳目) を積み重ね、
それによって、20代の若さにして巨万の富を築き、

後には、科学者、出版業者、哲学者、経済学者、政治家としても
大きな成功を収め、世界中の人々から愛される 偉大な人物となった。

 

このことは、「人は生まれながらにして 運命は決まっている。」
と 論じる人もいますが、100% 違うということ。

さらには、幸福や 徳行や偉大さにおいても、全くもって関わりを
持たないことを 証拠立てることになるのですから、なおのこと
重要であると考えられます。

また、すべての目的は、手段がなくては 達成されません。

ですから、あなたのような方でも、何か 大事な行動を起こす時には、
必ず 緻密なまでに計画を立て、その通りに行動を起こしていく。

それによって、立身出世なさったのだ とうことが分かるでしょう。

 

一方、たとえ、どんなに素晴らしい結果を叩きだしたとしても、
その手段は、すぐれた知恵を使って、極力 シンプルにしていること。

つまり、その人の本性、道徳心、考える力、習慣に 基礎を置いて
いることが、同時に分かるでしょう。

今、1つ 明らかになるのは、人はみな、世の中の舞台に登場するに
当たって、それぞれ 「 適当な時期を待つべき※ 」 だということです。

【未公開資料から引用・解説】

目先の利益、地位や名誉に目がくらみ、表舞台に立とうとする
人たちが大勢います( セミナー講師や、本の出版などなど )。

しかし、表舞台に立つホドの 実力が伴わない、つまり、
“本物”と呼べないレベルで 表舞台に立っても、結局は、
自身のブランディングを 落とすことになるのです。

その結果、お金だけでなく、地位も 名誉も、人脈さえも、
それまで掴み取った 全てを、失うことになります。

花火のように パッ!と 表舞台に出て来ては、数年のうちに、
その業界から消えている。という人を、あなたもご存知でしょう。

物事には、全て “ 適切な時期 ” があるのです。

時が合致した時、そのチャンスは 自ずと、あなたの目の前に
訪れるでしょう。

目先の利益や 欲に翻弄されず、その適切な時期を待てるかどうか、
が、勝負の分かれ目とも言えるでしょう。

<人生の目標が無い人へ / 人生に失敗する人の特徴>

by 上田真司

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

以下の記事も読むと、さらに成功習慣が身に付きます

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ