フランクリン自伝 誕生秘話


【其の55】フランクリン自伝 誕生秘話を公開

以上の、エイベル・ジェイムズ氏からの手紙と、同封してあった
フランクリン自伝の覚え書を、ある友人に 見せたところ、
その友人は、以下のような手紙を書いて、私宛に 送ってきた。

◆ベンジャミン・バオーン氏 からの手紙

1751-1835、英国の政治家・経済学者。

年齢は かなり隔たっているが、フランクリンの親しい友人の一人
であり、1779年。最初のフランクリン著作集を、ロンドンで出版
した人物である。

1783年1月31日 パリにて

拝啓

この前、クエーカー教徒の知人の方(エイベル・ジェイムズ)が、
あなたの為に 取り戻されたという、あなたの これまでの生涯の出来事
が 記された「覚え書(フランクリン自伝)」を拝見させて頂いた。

その時に、ジェイムズ氏も 希望しておられるように、覚え書を完全に
書きあげて 出版して下さったら、とても有益であると、私も感じました。

ですので、いずれ、手紙を差し上げて その理由を申し上げる
と お約束しておきました。

ところが、ここしばらく、様々な事情が重なり、その手紙を書くことが
出来ないままでいました。

仮に 書けたとしても、果たして、ご期待に添えるようなものが
書けたかどうか、分かりません。

 

その後、最近になって 多少の時間が取れましたので、もっぱら、
私自身の興味から、また、勉強にもなるとも考えて、筆をとってみる
ことにしました。

もっとも、あなたのような人格の高い方は、これから私が用いる
ような言い方を、あるいは、不愉快に 思われるかも知れません。

そこで、立派で偉大な点は、あなたと変わりなく、また、あなたほど
謙遜ではない、誰か他の人に向かって話しかける。

といった様に したいと思います。

 

その人に向かって私は、次のような理由から、あなたの生涯の話を
フランクリン自伝)ぜひ聞かせて欲しい。と 切望しています。

その理由というのは、

■理由1:

あなたの生涯は、本当に 注目に値するモノであるため、
例え、あなたが ご自分でお書きにならないとしても、必ずや、
他の誰かが 書くでしょう。

もし、そうなったとしたら、本来なら、あなたご自身が お書きに
なれば、大いに 世のため、人の為になるところを、かえって、
多くの害を 及ぼす危険性が高いであろう。と 考えられるからです。

■理由2:

フランクリン自伝を書いて下さると、あなたの祖国 アメリカの
国内事情について簡単であるものの、的確に要点をつかんでいる、
その 知識を得ることができ、高潔で、かつ、勇ましい精神を持った
人々に移住を促すのに、少なからず 役に立つことでしょう。

そう言えば、世間の人々が、その知識を 非常に求めていること、
また、あなたのお名前が 広く知れ渡っていることから 考えても、
あなたの自伝によるほど 有効な広告は、とうてい 他に考える
ことができません。

それにまた、あなたの生涯の出来事はすべて、新興国アメリカの
人々の風俗習慣および、環境、その1つ1つと 密接に結びついている。

この点、あなたの自伝は、人間性と 人間社会を正しく判断しようと
するモノにとって、

●カエサル(ローマの将軍であり、歴史家、また、有名な
 「ガリア戦記」を書いた人。)や、

●タキトゥス(ローマの有名な歴史家)の著作も 及ばぬほど、
 大きな興味があると言えます。

<本を読む効果 / 人格形成が作られる時期>

by 上田真司

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

以下の記事も読むと、さらに成功習慣が身に付きます

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ