世界中から愛された男が語る、幸せになる方法


【其の37】世界中から愛された男が語る、幸せになる方法

私は、人と人との交渉が、真実と誠実な心をもって なされる事が、
幸せになる方法であり、人間生活の幸福にとって、もっとも大切
と信じるようになった。

そこで私は、生涯実行する考えで、決心を書きしるしたものを作った。
それは、今も日記の中に残っている。

>> 幸せになる方法を書きしるした13習慣は コチラ

 

神のお告げは、実際 それ自身としては、私にとって、なんの
意味も持たなかった。

ある種の行為は、神のお告げによって、禁じらているから悪い
のではなく、あるいは、お告げによって 命じられているから善い。
というのでもない。と、私は考えた。

そのような意味ではなく、それらの行為は、あらゆる事情を考え、
本来 我々にとって、有害であるから禁じられている。あるいは、
有益であるから 命じられている。のだと、私は考えた。

 

そして、このような答えに 辿り着いたおかげか、
または、恵み深い 神の配慮によって起こったのか、
あるいは、私を見守って下さっている 守護天使の助けなのか、
はたまた、偶然にも 環境に恵まれたせいなのか…

それら全てが、良い方向に 働いたことによって 起こったもの
なのかは、私には分からない。

私は遠く父の監督から離れたところで、
他人とのトラブルによって 私は、何度も 何度も、
人間不信に陥ったり 崖っぷちの状況に追い込まれたにも関わらず、

危険な青年期を通じて 宗教心の欠如から、
普通であれば、そのような状況であれば、犯罪を犯したり
非行に走るところだが、道を外さずに済んだのである。

 

意識的な、ととくにことわるのは、すでに述べたような、
私の、これまでの いくつかの過ちは 1つには、
私がまだ、人生経験の乏しい若者であり 世間知らずだったこと。

さらに、質(たち)の悪い連中と 一緒にいたことで、
悪い影響を受けていた。それらを複合して考えると、ある程度は
「仕方なかった」と、考えるからである。

そのようにして 私は、世間一般的な 人格を身につけて
世に出ることが出来たのだが、私は、人格を身に付けた習慣、
心構えを大切にし、いつまでも持ち続けようと決心した。

 <物事の本質を見極める極意 / 独立起業の支援を行うキッカケ>

by 上田真司

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

以下の記事も読むと、さらに成功習慣が身に付きます

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ