長期的視点が成功へ導く唯一の方法


【其の29】長期的視点が成功へ導く!

キーマーが、今まで提示したこともないほど、高い報酬を
出して、私(フランクリン)を雇ったのは、前述の、
安く雇った 未熟な職人たちを、私の持てる 技術を叩き込み、
初心者レベルから、一人前に 育て上げるつもりだったのだ。

>> 前回に登場した5人の職人たちはコチラ

 

そして、キーマーは、その未熟な職人たちを、一人前の職人に
育て上げたら、私を 追い出すつもりだ。

なぜならば、私を追い出しても、教えこまれた職人たちは
証文( 金品の貸借や 約束事を証明する文書 )で縛られている
ため、しばらくは 問題なくやっていける。

しかし、それでも私は 人一倍 活発に働き、それまでは
目も当てられないホド 乱雑だった印刷所を、見違えるほど
整理整頓を行い、各職人たちには、自分の仕事に気を付けて、
上手く出来るよう 教えていった。

 

オックスフォードの学生ともあろう物が、買われた奉公人
他人の家に雇われて その家事・家業に従事する者 )
として働いている姿は、とても奇妙な出来事であった。

しかし、それには理由があった。

18歳のジョージ・ウエブの話によると、グロスターに生れ、
ラテン語学校に学んだ。

そのとき、学校の生徒たちで行われた 芝居を行ったとき、
彼は、自分の役を見事に演じ切り、その演技が 生徒たちの間で
評判となった。

そして、その地の ウィティー・クラブ という所に入り、
散文(さんぶん) や 詩を数編書いたの物が、
地元のグロスターの新聞に掲載された。

散文(さんぶん)とは、小説や評論のように、5・7・5などの
 韻律や 句法にとらわれずに 書かれた文章のこと。

 

それから、オックスフォードに入り 1年が経過したころ、
何よりもまずは、ロンドンに行って役者になりたい!という
想いが強くなり、今の生活に満足ができなくなった。

そんな時に、4半季分の手当て15ギニー を受け取ると
借金を返済することもせずに 町を飛び出した。

1ギニー = 21シリング
 1シリング = 今の日本円で約2千円

 

学校の制服はハリエニシダの茂みに隠し、歩いてロンドンに出た。

しかし、頼れる友達もなく、次第に悪い仲間とつるみ、やがて
持ち金を全部使い切ってしまった。

役者仲間に紹介してもらおうにも、人脈もコネもなく、
お金に困った為、着ていた服を質に入れ、しまいには、
パンさえも食べることが出来なくなった。

どうして良いのか全く分からず、空腹状態のまま町を歩いていると、
悪 周旋屋(しゅうせんや) のビラを手渡された。

周旋屋(しゅうせんや)とは?
 雇人の紹介、斡旋を業とする人。およびその職業。また、
 より広く土地、建物などの売買の周旋をする業者も含める。

 

そのビラを見ると、アメリカへ行って働く。という契約をすれば、
即座に食事にもありつけるし、手当も貰える。とあった。

彼は、目先の利益に惑わされ、直ちにその契約書にサインをし、
船に乗せられ、自分が今どう過ごしているのか? その現状を
身内に知らせる手紙を1本も書かずに、アメリカへ渡った。

【未公開資料から引用・解説】

お金や 仕事に限らず、ダイエット、
人間関係など、人生に起こる 全ての物事は、長期的視点で考え、
行動しなければ、騙されたり、借金を抱えたり、はたまた、

仕事で取り返しのつかないミスをしたり、納期に遅れたり、
ダイエットに何度も失敗する。など、失敗を繰り返してしまう。
そして、後になって後悔しても、手遅れになることが多い。

ジョージ・ウエブは、とても活発な男で、かつ、その場に応じて、
とっさに適切な応対や 発言ができるような鋭い才知もある。

また、性質も良く、とても愉快な仲間ではあったが、
人一倍 怠け者で だらしなく、世間知らずで 不謹慎といった、
驚くほど 軽率な男であった。

<目先の利益の甘い罠 / 人間関係が崩壊する原因>

by 上田真司

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

以下の記事も読むと、さらに成功習慣が身に付きます

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ